スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007の権利問題を整理する その2

前回からの続きです。

2.ユナイテッド・アーティスツへの売却

イオン・プロダクション(以下EP)の共同プロデューサー、ハリー・サルツマンは娯楽要素を追求し、コメディ映画になっていた007に嫌気がさし、「黄金銃を持つ男」を最後にプロデューサーの降板を表明します。これはもう1人のプロデューサー、アルバート・ブロッコリにとっても寝耳に水の話でした。
イオン・プロダクション
イオン・プロダクションのロゴ


ブロッコリは説得を続けますがサルツマンは耳を貸さず、それどころか自身が持つ映画化の権利をブロッコリではなく、映画スタジオのユナイテッド・アーティスツ(以下UA)に売却してしまいます。これにより007の映画化の権利は、EPとUAの2社が保有することになりました。
ユナイテッド・アーティスツ
ユナイテッド・アーティスツのロゴ

これまでEPが主導してきた007は、UAとの共同作業になります。しかしUAは80年の「天国の門」で記録的な赤字を計上し、倒産の危機に追い込まれます。そのUAを救ったのが、別の映画スタジオMGMでした。UAは吸収されMGM/UAとして再出発をします。しかしこれもMGMの資金難で、すぐに暗礁に乗り上げます。
MGM/UA
MGM/UAのロゴ

経営危機のMGM/UAを買収したのかが、ターナー・ブロードキャスティング・システム(TBS 現在のタイム・ワーナー)で、この時に多くの映画の版権が整理、移管されます。しかしTBSのメインバンクが、巨額の負債を抱えるMGM/UAの買収に難色を示し、買収から2ヶ月ちょっとでMGMの経営に関与していた投資家のカーク・カーコリアンに売却されてしまいました。さらにカーコリアンは、負債を返済するためにMGM/UAの資産をバラバラに、あちこちに売却していきます。

この混乱で、多くの映画の版権が誰のものか不透明になってしまいました。もう問題は007シリーズだけにとどまらず、「ロッキー」シリーズ、「ポルターガイスト」シリーズなど約4000本の映画の権利も曖昧になってしまいました。特にTBSとMGM/UAの間で、どの映画のどの版権をどちらが所有しているかが問題になり、双方の弁護士が多大な時間をつぎ込んで調整と交渉に挑みました。

この影響で、007シリーズは、「消されたライセンス」以降、6年間も製作されませんでした。EPは、サルツマンがUAに売却した半分の映像化権のために、映画の製作ができなくなったのです。95年に再びカーコリアンがMGM/UAの社長に就任し、権利問題の整理がついたところで、007シリーズもピアーズ・ブロスナンが登板した「ゴールデンアイ」から再開されました。

次回が最終回です。
スポンサーサイト

007の権利問題を整理する その1

イアン・フレミングの小説007シリーズは、映画化されて世界的なヒットを記録しますが、映画化の権利問題がややこしくなっています。どれだけややこしいのか、それを解説したいと思います。

1.サンダーボール作戦訴訟

イアン・フレミングは、007の映像化権利を、安値で複数に売却しています。その中に、アルバート・ブロッコリとハリー・サルツマンがいました。両者は互いが持つ映像化権利を買い取ろうとしますが、映像化に掛かる費用を捻出するため、紆余曲折を経て共同で映像化することになりました。これがイオン・プロダクション(以下EP)の設立につながります。
アルバート・ブロッコリとハリー・サルツマン
左:アルバート・ブロッコリ 右:ハリー・サルツマン

EPは映画「007 ドクター・ノオ」を成功させ軌道にのると、次々と007の映画化に着手します。これに気を良くしたフレミングは、自らが映画化することを目論んで、友人達とザナドゥ・プロダクションを設立します。この時、映画作家のケビン・マクローリーが中心となって、いくつかの映画用の脚本が作られました。しかしザナドゥを不安視したフレミングは、一方的にこの契約を解消してしまいます。

フレミングはこのマクローリーらのアイデアを無断で使用して、「サンダーボール作戦」を書き上げて発表してしまい、マクローリーらから訴えられることになります。63年にマクローリーが勝訴すると、映画「サンダーボール作戦」のクレジットにはマクローリーの名前も入れられました。これで一旦は決着したかに見えました。
007 サンダーボール作戦
007 サンダーボール作戦のポスター

この問題が尾をひくのは、マクローリーのアイデアに、犯罪組織スペクターと、その首領ブロフェルドが含まれていたことです。他の作品にもスペクターやブロフェルドが登場したことにマクローリーは憤慨し、差しどめの要求が出され、「ダイヤモンドは永遠に」以降、スペクターは登場しなくなりました。この問題で和解が成立したのは、なんと2006年でした。

「ネバー・セイ・ネバー・アゲイン」は、マクローリーが、「サンダーボール作戦」をリメイクしたものです。EPとの約束で、10年間はマクローリーが映画化しないと決められていたので、10年を過ぎてから映画化の動きが始まったものです。しかし内容を巡って再びEPと訴訟になり、紆余曲折を経て完成しました。
ネバー・セイ・ネバー・アゲイン
ネバー・セイ・ネバー・アゲインのポスター

ちなみに製作したのはタリア・フィルムで、本作の制作者ジャック・シュワルツマンの会社です。社名は妻のタリア・シャイア(ロッキー・シリーズのヒロイン、エイドリアンが有名)から名付けられました。

それはともかく、ショーン・コネリーの復活で話題をさらったものの、同年公開の「007 オクトパシー」には興行成績で負けています。

次回に続きます。

バブルの匂い 映画「BEST GUY」

織田裕二が「東京ラブストーリー」でブレイクする前、そしてバブル絶頂期の90年12月に公開された映画「BEST GUY」は、見た方がいい。唐突で無理な展開に、未回収の伏線を散りばめ、バブル期のダサさを全開にした舞台に、ザ・大根役者的な演技が堪能できます。それを航空自衛隊が協力したのですから、他では味わえない秀逸さなのです。
ベストガイの織田裕二

続きを読む

映画「ロリータ」の猥褻な攻防

ナボコフの小説「ロリータ」は、ベストセラーというだけでなく、今日も「ロリータ・コンプレックス」(ロリコン)や「ロリータ・ファッション」などの言葉で影響を与えています。今回は、その小説をもとにスタンリー・キューブリックが製作した62年の映画「ロリータ」の話です。
ロリータ

続きを読む

気前の良い慰謝料

離婚の慰謝料といえば、ロシアのアブラモビッチ氏が1兆円払ったとか、メディア王のルパート・マードック氏の1600億円とか、桁外れの金額が話題になります。しかし今回の話は、自らの原因で離婚することになったにも関わらず、1ドルを支払ってもらった男の話です。
ゲイル・アン・ハートとジェームズ・キャメロン
※1ドルもらった女と払った男

続きを読む

007は上司の査定を恐れていいか?

氏名:ジェームズ・ボンド
職業:MI6所属の諜報員
家族:独身(結婚歴あり。子あり)
酒:こだわりなし
職業観:現職に不満があり、転職を考えている

イアン・フレミングの原作では、ボンドは崖っぷちの人生で、遅刻を繰り返すなど勤務態度が問題でクビになりかけたりします。さらに官僚組織の末端という不自由さに嫌気がさしていて、上司の査定を気にしています。

007 イラスト

続きを読む

白すぎるオスカー問題

映画の祭典、アカデミー賞が幕を閉じました。受賞内容もさることながら、今回は「白すぎるオスカー」という問題が注目を集めました。これはアカデミー賞の俳優枠にノミネートされた20人全員が白人だったことから、白人偏重だと批判されたものです。

続きを読む

アカデミー賞ってなんだ?

アメリカの映画祭、アカデミー賞が2月28日に迫りました。今日はこのアカデミー賞の話を書いてみたいと思います。写真は第1回アカデミー賞の様子です。

hollywood-roosevelt-first-academy-awards.jpg

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。