スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースを見るための銃の基礎知識

ニュースを見るのに、銃の知識はなくても構いません。しかし少しだけ銃の知識があると、ニュースをより深く知ることができることがあります。例えば餃子の王将の社長射殺事件で、「凶器は25口径の自動拳銃」と聞いた時に、あれ?っと思えるのです。そういったわけで、少しだけ銃の知識に関して書いてみたいと思います。
handgun


拳銃にはさまざまなサイズがあります。一般的なサイズ表記は、使用される弾の直径や銃身の内径でしょう。22口径や38口径という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。これは38口径は直径が0.38インチという意味で、約9mmになります。ですから数字が大きくなるほど、大口径になるというわけです。

ここでややこしいのは、アメリカではインチ表記なのにヨーロッパはメートル法が使われることです。そのため7.65mmなんて表記もあったりします。これが混乱の元凶なのですが、どちらの表記も数字が大きくなれば大口径になると覚えておけばいいと思います。そして例外も多くありますが、一般的に大口径になるほど殺傷力が上がります。

テレビドラマなどでは、22口径の銃は玩具のように言われます。現実世界でも「殴るよりはマシ」という声もありますが、実際には22口径が最も多く売られています。護身用の拳銃から狩猟用のライフルまで、22口径が最も多く使われているのです。日本でも浅間山荘事件で犯人グループが使っていたライフルが22口径でした。

先ほど書いた、餃子の王将の社長の狙撃事件ですが、25口径というのは珍しい銃です。1940年代までは多く製造されていましたが、近年ではあまり見られません。25口径が撃てる拳銃の新製品は皆無です。なぜそんな珍しい拳銃を使用したのでしょうか?少しだけ拳銃に詳しいと、そういった疑問が出てくるのです。

かつて日本の暴力団は、フィリピンなどで作られた安価な銃を密輸していました。しかし近年ではロシアのトカレフやマカロフの中国製が出回るようになり、一部には米軍が採用していたイタリアのベレッタ社の銃もあるようです。これらの銃は7.62mmや9mmで、これまでのフィリピン製の38口径とは見た目も性能も全く異なります。

昨年、和歌山の建設会社で起きた銃による殺傷および立てこもり事件では、犯人がコルト社の45口径の自動拳銃とオーストリアのステアー社のGBという38口径の拳銃を使用しました。暴力団でもない一般市民が、本格的な軍用拳銃を使用して犯行に及んだ事実は、関係者に大きな衝撃を与えたようです。

国内、国外で銃を使った事件が起こった時には、こうした銃器も見ておくと興味深い点に気がつくかもしれません。
スポンサーサイト

速いものは美しい

速いということは美しいのです。ということで、最高速の記録を並べてみたいと思います。

最速スケボー
スケートボード:130km/h
下り坂を利用した記録で、ミショー・エルバンさんというスケボーのダウンヒル競技のチャンピオンが記録しました。このレベルになると、止まる方が困難のようです。

続きを読む

攻殻機動隊SACは右翼的か左翼的か?

2000年に放送されたテレビアニメ「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」(以下SAC)は、しばしば国内で左翼的と言われてきました。しかし最近になって、韓国では右翼的と言われていることを知りました。なぜ180度違う意見が出るのでしょう?SACは世界設定が複雑で、とても興味深いのでまとめてみようと思いました。一度見ただけでは、世界観がさっぱりわからないSACの世界を見てみましょう。
攻殻機動隊Stand lone Complex
※公安9課

※この設定はSACの前半にあたる「笑い男」事件には不要の設定ですが、2ndGIGの「個別の11人」事件では重要になってきます。

続きを読む

死に直面してもジョークが言えるか?

かつて俳優であり、アメリカ大統領でもあったロナルド・レーガンという人は、見上げた人物である。この人は、いかなる時もジョークを忘れなかった。それが死の危機に瀕している時もだ。
ロナルド・レーガン

続きを読む

カバンのマナーは日米で違う

商談の時に机の上にカバンを置いてはダメですよ。だってカバンの底は汚れているから、不快に思われますよ。というのは良く聞く話です。これはこれでいいのですが、机の下で書類を出すためにゴソゴソやるのをアメリカの友人達は嫌がります。「なんで隠してるの?」という感じです。
鞄と机

続きを読む

日本のことなんか知らない

たまにスカイプで英語の練習をしています。といっても、海外のアニメオタク達と話す程度です。彼らは日本語の情報に飢えているので、何かと話しかけてくれるんですよね。そんな中で、初めての人にこんな風に話しかけられました。

「この前、ホーワのライフルを買ったよ。クオーターマイル(400メートル)で安定しているし、ハーフマイル(800メートル)でも問題ないらしい。すごくクールだ。どうしてアニメにはホーワが出てこないの?」

続きを読む

ハゲじゃダメですか?

幸いながら私はハゲてはいません。しかし悩んでいる人は多いですよね。そもそもハゲがダメっていうイメージは、どうしてあるのでしょう?気になったので考えてみました。
ハゲ
※同窓会参加を促す衝撃的な横断幕

続きを読む

ウイットに富んだ切り返しを学ぶ

古今東西、各本面にウイットに富んだ言葉や気の利いたジョークを言う人がいます。


マドンナ
マドンナ(歌手)

記者「スリーサイズを教えて下さい」
マドンナ「あら、洋服を作ってくださるの?」

初来日した時の記者会見で、日本人記者のぶしつけな質問をサラリとかわしていました。


続きを読む

出川哲朗「はじめてのおつかい」の功罪

テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」で、タレントの出川哲朗さんが、見知らぬ海外でろくに使えない英語を駆使して目的地にたどり着く「はじめてのおつかい」が大好評のようです。いろいろ批判もありますが、ロクでもない英語を話す身としては勉強になる部分もあります。

出川哲朗

続きを読む

政治宣伝のつもりはないのだが

この暑い中、ぼーっと歩いているだけで熱中症になりそうですよね。帽子をかぶったり水分補給をしたり、気をつけないといけません。そんな暑い日のある日、駅から離れたなんにもない道路に、女性がしゃがみ込んでいるのが見えました。

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。