スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田諒太の世界戦雑感

WBAミドル級の正規王座を賭けて、村田諒太とアッサン・エンダムの試合は、2−1のスプリット・デジションでエンダムの勝利となりました。この結果に会場は驚きの声が上がり、ネットにも結果に納得できないという声が多数書き込まれています。
村田対エンダム


1R、足を使うエンダムに、村田はほとんど手を出さずに終えます。相手の動きを見て、体力を温存しつつ相手を疲れさせ、後半勝負というプランだったのでしょう。これは世界戦で、12Rの試合は村田にとって初体験です。それなのに初回を相手にプレゼントする作戦は、かなりギャンブル性の高いものでした。

10ポイント・マスト・システム(どちらかの選手に必ずポイントをつけて、同点にしない)では、今回の村田のようにガードを固め、あまり手を出さないスタイルは判定では不利です。ダウンを奪えず、目立った有効打がない場合、リング・ジェネラルシップ(主導権支配)でポイントを奪われてしまう可能性が高いからです。今回の村田のようなスタイルは、特に世界戦ではKOしなければ勝つのは難しいのです。

村田がダウンを奪った4Rや、右ストレートでダウン寸前まで追い込んだラウンドは確実に村田がとっていますが、1〜3Rまではエンダムがとったラウンドでした。8〜12Rまでは、有効打をとるか手数をとるか、ジャッジの判断によってどちらに行っても不思議ではないラウンドでした。そして3人のジャッジのうち、2人が手数をとったということです。
ジャッジペーパー(村田対エンダム)
ジャッジペーパー(クリックして拡大)
※左の紙は、勝利者の名前を書き間違えていますね。

試合の印象と判定結果が真逆になるのは、10ポイント・マスト・システムではよくあることです。どちらも優位に運べず、素人目には引き分けのラウンドでも10-9をつけるので、ダウンを奪った選手が大差の判定負けになることは珍しくありません。日本で判定に対して不満が出る試合の大半が、このシステムによるものです。ですので今回の判定も、さほどおかしな判定とは言えないと思います。今回の村田の敗因は、判定がどうこうというより、あのスタイルで倒しきれなかったことが最大の要因ではないでしょうか。


深刻なのは、今後の村田のプランです。現在ミドル級は、ゲンナジー・ゴロフキンが主要3団体の世界王座に君臨し、WBOはビリー・ジョー・ソーンダースが王座に就いています。そして最も人気があるのは、現在は無冠のサウル・アルバレスです。ミドル級の最大の話題は、ゴロフキンとアルバレスの対決に関してです。
ミドル級の主役たち
右:ゲンナジー・ゴロフキン 中央:サウル・アルバレス 左:ビリー・ジョー・ソーンダース

ゴロフキンの前には挑戦者が列を作って並び、村田がその列に入り込むことはビジネス的に不可能です。そこでこれまでは、ソーンダースとの試合を模索していました。しかしソーンダースもゴロフキンとの統一選を熱望していて、村田との試合には後ろ向きです。そこでWBAがスーパー王者のゴロフキンとは別に設けている正規王者のタイトルを巡って、今回の村田の挑戦が実現したのです。

原則的にリターンマッチは禁止されているので、エンダムとの再選は難しいです。ゴロフキンとの対戦は絶望的ですし、仮に実現したとしても現状では勝てる可能性がほとんどありまえん。そしてソーンダースが否定的となれば、村田の世界挑戦の道は険しいものになってしまいました。

今回の敗戦は、とても大きいものです。今後の村田の動向に、注目したいと思います。
スポンサーサイト

村田諒太の世界挑戦は実現するか?

オリンピック金メダリストで、ミドル級のプロボクサーの村田諒太が世界戦を模索しています。11戦全勝8KOという快進撃中ですが、果たして世界戦は実現するのでしょうか?そして世界王者になれるのでしょうか?
村田諒太

続きを読む

RIZINは今後も続くのか?

年末に「骨董品の見本市のよう」などと陰口を叩かれていた格闘技イベントのRIZINは、レスリング世界選手権女王だった山本美優を担ぎ出しました。42歳の山本のデビューを勇敢さと見るか無謀と見るかで、このイベントの評価が分かれます。しかし過去のHERO'sやDreamに見られた「旬の人の殴り合い」と、過去に活躍していた人を再登板させる路線は相変わらずでした。
RIZINポスター

続きを読む

空手はオリンピック競技にして大丈夫か?

空手は日本の武道で、今や世界中に普及していると言われています。しかし空手には、日本全体の統括団体がありません。世界的にも同様に統括団体がありません。空手の歴史の半分はお家騒動の歴史で、団体の設立と分裂、反発の歴史だったりします。そんな空手が、オリンピック競技になったのだから驚きです。
空手

続きを読む

日本の競泳を変えた日(3) 千葉すずの裁判

前回からの続きです。

水連は千葉すずの落選について、以下のような理由を並べました。

・代表選考会の千葉の記録は、昨年の世界の記録の中では16位程度になる。
・水連が独自に指定した標準記録に届いていない。
・現在の千葉選手の実力では、世界と戦えない。

続きを読む

日本の競泳を変えた日(2) 千葉すずのレジスタント

前回からの続きです。

日本で吹き荒れるバッシングに嫌気がさした千葉すずは、大学を卒業するとアメリカに渡りました。自分の名前を英語にした「ビクトリー・ベル」という会社を立ち上げ、水泳教室を開いて生活を送ります。そんな千葉の元に、競泳界の大物のバド・マカリスターから連絡が入りました。「アメリカにいるなら、カナダにおいでよ」

続きを読む

日本の競泳を変えた日(1) 千葉すずという異端

リオ五輪で躍進した日本の競泳は、かつては惨敗の屈辱を味わったこともあります。メダルがゼロに終わったアトランタ五輪から20年での復活は、ある事件がきっかけだったと言われています。

2000年スイスのローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所は、訴えを起こしていた千葉すず選手の敗訴を言い渡し、千葉選手のシドニー五輪出場がなくなりました。しかしこの日が、日本水泳連盟(以下、水連)に大きな変化をもたらすことになります。
千葉すず

続きを読む

女子レスリングに見たカルマ

女子レスリングは、伊調馨の五輪四連覇の偉業と、吉田沙保里の四連覇が消えたことが最大のニュースだったと思います。もはや無敵と思われた伊調と吉田には、どうしても勝てない相手がいたのをご存知でしょうか?
吉田沙保里_決勝戦
※リオ五輪決勝戦終了後の吉田沙保里

続きを読む

運を一度に使い果した男?

タイトルは語弊があるかもしれませんが、ルーロン・ガードナーというシドニー五輪の金メダリストの話です。レスリングの世界選手権、五輪で一度ずつ優勝したガードナーは、たった1試合で歴史に名を刻みました。シドニー五輪の決勝戦です。
ルーロン・ガードナー

続きを読む

日本のシンクロが席巻した時代

アトランタ五輪で銅メダルを獲得した日本のシンクロは、2000年のシドニー五輪で金メダルを目標にしていました。。鬼コーチとして有名な井村雅代は、絶対的な強さを誇るロシアに勝つため、いくつかの具体的な手法に着手していました。その一つが、手足が長いロシアに見劣りする短い手足の日本人でも栄える、コンパクトな技のバリエーションでした。
シドニー五輪シンクロナイズドスイミング

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。