スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田諒太の世界戦雑感

WBAミドル級の正規王座を賭けて、村田諒太とアッサン・エンダムの試合は、2−1のスプリット・デジションでエンダムの勝利となりました。この結果に会場は驚きの声が上がり、ネットにも結果に納得できないという声が多数書き込まれています。
村田対エンダム


1R、足を使うエンダムに、村田はほとんど手を出さずに終えます。相手の動きを見て、体力を温存しつつ相手を疲れさせ、後半勝負というプランだったのでしょう。これは世界戦で、12Rの試合は村田にとって初体験です。それなのに初回を相手にプレゼントする作戦は、かなりギャンブル性の高いものでした。

10ポイント・マスト・システム(どちらかの選手に必ずポイントをつけて、同点にしない)では、今回の村田のようにガードを固め、あまり手を出さないスタイルは判定では不利です。ダウンを奪えず、目立った有効打がない場合、リング・ジェネラルシップ(主導権支配)でポイントを奪われてしまう可能性が高いからです。今回の村田のようなスタイルは、特に世界戦ではKOしなければ勝つのは難しいのです。

村田がダウンを奪った4Rや、右ストレートでダウン寸前まで追い込んだラウンドは確実に村田がとっていますが、1〜3Rまではエンダムがとったラウンドでした。8〜12Rまでは、有効打をとるか手数をとるか、ジャッジの判断によってどちらに行っても不思議ではないラウンドでした。そして3人のジャッジのうち、2人が手数をとったということです。
ジャッジペーパー(村田対エンダム)
ジャッジペーパー(クリックして拡大)
※左の紙は、勝利者の名前を書き間違えていますね。

試合の印象と判定結果が真逆になるのは、10ポイント・マスト・システムではよくあることです。どちらも優位に運べず、素人目には引き分けのラウンドでも10-9をつけるので、ダウンを奪った選手が大差の判定負けになることは珍しくありません。日本で判定に対して不満が出る試合の大半が、このシステムによるものです。ですので今回の判定も、さほどおかしな判定とは言えないと思います。今回の村田の敗因は、判定がどうこうというより、あのスタイルで倒しきれなかったことが最大の要因ではないでしょうか。


深刻なのは、今後の村田のプランです。現在ミドル級は、ゲンナジー・ゴロフキンが主要3団体の世界王座に君臨し、WBOはビリー・ジョー・ソーンダースが王座に就いています。そして最も人気があるのは、現在は無冠のサウル・アルバレスです。ミドル級の最大の話題は、ゴロフキンとアルバレスの対決に関してです。
ミドル級の主役たち
右:ゲンナジー・ゴロフキン 中央:サウル・アルバレス 左:ビリー・ジョー・ソーンダース

ゴロフキンの前には挑戦者が列を作って並び、村田がその列に入り込むことはビジネス的に不可能です。そこでこれまでは、ソーンダースとの試合を模索していました。しかしソーンダースもゴロフキンとの統一選を熱望していて、村田との試合には後ろ向きです。そこでWBAがスーパー王者のゴロフキンとは別に設けている正規王者のタイトルを巡って、今回の村田の挑戦が実現したのです。

原則的にリターンマッチは禁止されているので、エンダムとの再選は難しいです。ゴロフキンとの対戦は絶望的ですし、仮に実現したとしても現状では勝てる可能性がほとんどありまえん。そしてソーンダースが否定的となれば、村田の世界挑戦の道は険しいものになってしまいました。

今回の敗戦は、とても大きいものです。今後の村田の動向に、注目したいと思います。
スポンサーサイト

村田諒太の世界挑戦は実現するか?

オリンピック金メダリストで、ミドル級のプロボクサーの村田諒太が世界戦を模索しています。11戦全勝8KOという快進撃中ですが、果たして世界戦は実現するのでしょうか?そして世界王者になれるのでしょうか?
村田諒太

続きを読む

RIZINは今後も続くのか?

年末に「骨董品の見本市のよう」などと陰口を叩かれていた格闘技イベントのRIZINは、レスリング世界選手権女王だった山本美優を担ぎ出しました。42歳の山本のデビューを勇敢さと見るか無謀と見るかで、このイベントの評価が分かれます。しかし過去のHERO'sやDreamに見られた「旬の人の殴り合い」と、過去に活躍していた人を再登板させる路線は相変わらずでした。
RIZINポスター

続きを読む

女子レスリングに見たカルマ

女子レスリングは、伊調馨の五輪四連覇の偉業と、吉田沙保里の四連覇が消えたことが最大のニュースだったと思います。もはや無敵と思われた伊調と吉田には、どうしても勝てない相手がいたのをご存知でしょうか?
吉田沙保里_決勝戦
※リオ五輪決勝戦終了後の吉田沙保里

続きを読む

日本のシンクロが席巻した時代

アトランタ五輪で銅メダルを獲得した日本のシンクロは、2000年のシドニー五輪で金メダルを目標にしていました。。鬼コーチとして有名な井村雅代は、絶対的な強さを誇るロシアに勝つため、いくつかの具体的な手法に着手していました。その一つが、手足が長いロシアに見劣りする短い手足の日本人でも栄える、コンパクトな技のバリエーションでした。
シドニー五輪シンクロナイズドスイミング

続きを読む

川口能活の日の丸

リオ・オリンピックが始まり、サッカー日本代表はナイジェリアに負けましたね。残念でした。

今では信じられないかもしれませんが、かつて日本サッカーはW杯どころかオリンピックにすら出られない状況でした。その日本サッカーが、28年ぶりにオリンピック出場のチャンスが巡ってきたのは、1996年のことでした。マレーシアのクアラルンプールで強豪のサウジアラビアに勝てば、アトランタ五輪出場が決まります。強烈なプレッシャーに押しつぶされそうな選手達の中に、ゴールキーパーの川口能活はいました。
川口能活

続きを読む

PL学園野球部の消滅

様々な不祥事に揺れたPL学園野球部が、最後の夏を終えました。桑田・清原のKKコンビはリアルタイムで見ていましたし、立浪も覚えています。名門が消えることに一抹の寂しさを覚えてしまいます。
PL学園

続きを読む

東京五輪の火種になるスケートボード

東京五輪の種目にスケートボードが追加され、正式決定を待つばかりににっています。最近のIOCは若者に人気の種目を追加したがっていて、それは収益面、特にテレビの放映権料に関係しているようです。しかしスケートボードの加入は、新たな火種になりそうな雰囲気です。
スケートボード

続きを読む

内藤大助さんとのニアミス

先日、喫茶店で商談中に内藤大助さんを見かけました。ボクサーで元世界王者、亀田兄弟と戦ったことで有名になった内藤大助さんです。過去にも何度かニアミスをしたことがありましたが、お話しする機会がありませんでした。この時も商談中だったので、話すことはできませんでした。残念です。
内藤大助

続きを読む

マイケル・ジョーダンのザ・ラストショット

この写真は、報道写真の傑作の一つです。報道写真に必要なあらゆる要素が含まれ、この写真を見るだけで当時の熱狂が蘇ります。私はこの瞬間をリアルタイムでテレビで見ていました。この写真が撮影される十数秒前、私は声を上げてテレビ画面に注視しました。これから起こることは、歴史の1ページになると確信したからです。
ラストショット

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。