スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のための歴史講座:日露戦争 終戦編

いや〜乱世乱世。時は1905年。日露戦争の終結に向けて話し合いが行われていた。
娘「戦争中に、仲直りの話をしたってこと?」
ポーツマス交渉団


その通り。戦争は始めるより終わらせる方が難しい。そこで日本はジャイアンのロシアと戦う前に、スネ夫に仲裁役を頼んでおいた。

娘「イギリスはドラえもんでしよ?スネ夫は誰?」

アメリカだ。開戦と同時にアメリカに仲裁役を依頼していたんだ。だから話し合いはアメリカのバージニア州ポーツマスで行われた。のび太がドラえもんの手を借りてジャイアンと喧嘩して、スネ夫の家で仲直りの話し合いをしたわけだ。

娘「一件落着!」

そう簡単じゃない。ロシアはバルチック艦隊を失って制海権を失い、朝鮮半島でも苦戦していたけど、まだ戦力は残っていた。一方、日本はイギリスに借りたお金は使い切っていたし、武器もほとんど残っていなかった。日本側の小村寿太郎は、ジリ貧なのを気付かれずに、何が何でもここで終戦に持ち込まないとダメだった。

ロシアの皇帝ニコライ二世は、「ロシアはまだ負けていない」と主張して、条件面で折り合わなかったら、すぐに進軍させる準備をしていた。そこでスネ夫のアメリカがロシアと交渉して、なんとか条約にサインすることになった。

娘「よくサインしたね」

ロシアの最低限の条件だった、賠償金はゼロにするというのを日本が飲んだんだ。戦争を続けられない日本としては、これを飲むしかなかった。ここでサインされた条約をポーツマス条件という。
ポーツマス条約


娘「とにかく戦争が終わって良かった」

当時の日本国民は、そうは思わなかったんだ。日本国民はヨーロッパ列強と戦うために、高い税金を我慢して払っていたし、家族を戦争に取られることも我慢した。ところが終わってみると、賠償金が全くもらえないので、日本にはイギリスへの借金が残った。

娘「でも、これ以上続けたら日本も危ないんでしょ?」

もう戦争を続けられないんです、なんて日本が言ったらロシアが戦争を再開するかもしれないから、日本政府は「お金のために戦争したわけじゃないんだよ」と言った。だから「ふざけるな」と、大勢が怒りだした。

日比谷公園に人々が集まって、ポーツマス会議に出た小村寿太郎を批判する集会を始め、暴徒になって警官隊と衝突したんだ。首相官邸や内務大臣官邸は、刀を持った暴徒に襲われ、東京内の交番が焼かれ、2000人以上が逮捕されて17人が死亡した。

娘「日本もムチャクチャだったんだ」

この事件は、政府に終戦の難しさを植え付けることになったし、後の太平洋戦争にも大きな影響を与えた。いろんな意味で、後々まで影響を与えた戦争だったんだよ。
スポンサーサイト

子供のための歴史講座14:日露戦争開戦編

いや〜乱世乱世。時は20世紀初頭。日本国内ではロシアと戦争するぞ!と叫んでいた小村寿太郎たちと、戦争は負けるからダメと言っていた伊藤博文らとの間で揉めていた。そして世論も割れて、戦争か回避かで揺れていた。さらに明治天皇は、戦争に消極的だった。
小村寿太郎
※小村寿太郎

娘「なんで戦争になるの?」

戦争するにしてもしないにしても、ロシアの圧力がすごくて日本は危機に陥っていた。そこで参戦派と回避派が会議をして、これこれの要求が通らなければ戦争も仕方ないというつもりで交渉すると決まった。

娘「だけど、通らなかった?」

そう、だからもう戦争しかないとなった。嫌がる明治天皇に、伊藤博文は最後は私もライフルを担いで戦いますと言って、天皇は折れたんだ。そして開戦になる。どころが大変なことが起こる。

娘「なに?」

日本は何年もかけて、鉄砲の弾を作っていたんだ。これだけあれば1年は戦えるって思っていたら、1日で半分くらい使ってしまった。さらに兵隊さんは、いざとなると怖くなって逃げ出す人も出てきた。

娘「ダメじゃん」

海軍は遼東半島の旅順にいるロシア艦隊を奇襲攻撃したけど、大砲があまり当たらなかった!

娘「下手じゃん!」
旅順港
※旅順港

さらに旅順港の近くに古い船を沈めて、港から出られなくしようとしたけど失敗した!

娘「グダグダじゃん!」

陸軍の乃木希典は、旅順港の裏にある二〇三高地の要塞めがけて突撃を繰り返し、15000人以上の兵隊が死んだ。
二百三高知
※二○三高知

娘「もうムチャクチャ!」

どころが、乃木希典は要塞を攻略した。さらに海軍は最強と言われたバルチック艦隊を日本海で破った!

娘「どんなミラクルがあったの?」

それぞれの戦いは長くなるから、また別の機会に話すよ。とにかく朝鮮半島付近で、日本は勝利したのでロシアの旗色が悪くなった。さらにロシア国内では革命の気配もあって、戦争を続けるのが難しくなった。

娘「それで勝ったの?」

この戦争の結末は、また次回ね。





関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン
子供のための歴史講座10:ミスター5%
子供のための歴史講座11:五一五事件
子供のための歴史講座12:盧溝橋事件
子供のための歴史講座13:日露戦争開戦前編

子供のための歴史講座13:日露戦争開戦前編

いや〜乱世乱世。時は20世紀初頭。日本とロシアの戦争で、なんと日本が勝ってしまったのだ。近代史の中でも、割と重要な戦争だあら覚えておくように!
日露戦争


娘「ロシア相手って、ムチャしすぎ」

その通り!かなりムチャな戦争だった。しかし戦わなくてはならない理由があったわけだ。

娘「なんで?」

話は日清戦争にさかのぼる。日本が清、つまり今の中国と戦争して勝った。清の国力が弱ってきたところに、ヨーロッパの列強が押し寄せてきた。

娘「なんで?」

これまでヨーロッパ列強は、アフリカ大陸に進出して、現地のものを安く買い叩いてヨーロッパで高値で売って大儲けしていた。アフリカはヨーロッパの国々で大渋滞だ。そこで次に目をつけたのがアジアだ!

娘「お金儲けのためなの?」

今も昔も、お金儲けは争いの元なんだよ。清は帝国で軍隊もいる。アフリカの部族のように簡単には勝てないと思っていたら、日本が勝ってしまった。「なんだ、清って弱いじゃん」」となって、各国が清に押し寄せてきたんだ。

娘「だから日本もロシアも参加したの?」

その通り!日本は近代化が忙しかったから、周回遅れで参加したし、ロシアも出遅れていた。ロシアは清に迫ると同時に、日本が日清戦争で獲得した遼東半島を清に返還するように、フランス・ドイツと手を組んで迫った。これを三国干渉という。ちなみに遼東半島は、ここね。
遼東半島

娘「小さっ!こんな所が大事なの?」

ロシアの港は大半が冬に凍ってしまうから、太平洋側に凍らない港が必要だったんだ。

娘「え?清に返すんでしょ?」

清のものは俺のものって、ロシアは考えていたんだ。

娘「ジャイアンだ!」

そう、ジャイアンのロシアは、遼東半島に軍艦を帰港させた。さらに義和団事件をきっかけに、中国北部に軍隊を置いて、清を奪いにかかっていた。のび太のような日本は、ジャイアンには敵わない。しかしドラえもんが現れる!

娘「誰?」

イギリスだ。イギリスもロシアの拡大を嫌っていて、日本と手を結ぶことにした。ここに日英同盟が結ばれる。ドラえもんが来た以上、ジャイアンも警戒して、軍隊を引き上げる約束をするけど、なんだかんだで引き上げない。交渉は行き詰まり、朝鮮半島にはロシアの海軍がいる。これは危険だということになった。

娘「だから戦争するの?」

しかしお金がない。鉄砲の弾だってタダじゃないし、戦争にはお金がかかるんだ。そこでのび太はドラえもんのイギリスに相談すると、ドラえもんは貸してくれた!
日英同盟

娘「えー!ドラえもんにお金を借りるの??」

そうだ!なにせ当時のイギリスは世界最強の軍隊を持って、世界一のお金持ち国家だからね。のび太が頼れるのはドラえもんしかいないのだ。

長くなったから、この話の続きは明日にしよう。




関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン
子供のための歴史講座10:ミスター5%
子供のための歴史講座11:五一五事件
子供のための歴史講座12:盧溝橋事件

人権を守りつつ黒人は檻の中へ

人権という考えはイギリスの偉大な発明の一つです。学校の教科書では、人権はマグナカルタから始まるとされていますが、個人的にはその後のトマス・ホッブズに注目します。ホッブズが画期的だったのは、人権の元になる自然権(神から人間に与えられたもの)をキリスト教徒以外にも認めたことです。極論すれば、当時はキリスト教徒でなければ、ヒトでもなく人権はなかったわけです。このように歴史を読むとき、ヒトとは何か?というのは、重要なポイントだと思います。



ヨーロッパでは中世から人権の概念が生まれますが、人権はヒトにしか適用されません。現在も犬や猫に適用されません。ヨーロッパ各国がアフリカに進出した時、現地に住む黒人種はヒトとは認識されずに虐殺されています。1870年代には黒人達は捕獲され、ヨーロッパに連れられて動物園で展示されます。アラスカのイヌイット(エスキモー)も同様です。1899年のパリ博覧会の目玉は、400人もの黒人を展示した黒人村でした。ヨーロッパ各地で黒人村は流行り、全裸のまま檻に入れられることも珍しくありませんでした。
人間動物園
※人間動物園の様子

当時もこれに対する批判はありました。しかし多くのヨーロッパ人にとって、黒人はヒトではなかったのです。しかし道具を使うし、教えれば言葉も覚えるので、黒人をサルとして扱うには無理が出てきました。そこでヨーロッパは「野蛮人」という言葉を用いるようになります。野蛮人は便利な言葉で、文明を持たない野蛮人が支配する地域は混乱や疫病が蔓延するので、自分達が代わりに統治した方が良いという植民地政策の大義名分を生みました。当然ながら、野蛮人には人権がありませんでした。

抵抗する野蛮人は、容赦なく殺されました。オーストラリアのアボリジニは僻地に追いやられ、9割が死んだとも言われています。アメリカのインディアンと呼ばれた原住民も、保護区に追いやられました。アジアも野蛮人が住んでいたため、ヨーロッパ各国が植民地化する際にも人権は用いられませんでした。では日本はヨーロッパから見て、野蛮人の国だったのでしょうか?第二次大戦前に日本は近代化を遂げて、憲法や軍隊や芸術などの文化を持っていました。国際会議にも出席し、第一次世界大戦を連合国として戦いました。しかしアメリカは、やはり野蛮人と見ていたように思います。

太平洋戦争では、日本兵の頭蓋骨を記念品にするのが流行しています。タイムマガジンには、戦地から恋人が送った日本兵の頭蓋骨に「素敵なプレゼントをありがとう」と、手紙を書く少女が掲載されました。ルーズベルト大統領は、日本兵の骨で作られたペーパナイフを使っていました。骨を記念品にするのは、アフリカやアジア各国が植民地化され、野蛮人として扱われた時に見られた光景です。アメリカが原爆をドイツではなく日本に使用したのは、白人優越主義のせいだと言う人がいますが、ドイツ人はヒトで、日本人を野蛮人と考えていたのではないか?とも思います。
ライフマガジン1944年
※1944年の「ライフ・マガジン」少女は日本兵の頭蓋骨のプレゼントのお礼を書いている。

戦後に野蛮人という概念は消えたかのように見えますが、ベトナム戦争でのルメイ将軍の有名な言葉「ベトナムを石器時代に戻してやる」には、同じくベトナム人を野蛮人と認識していた雰囲気を感じます。このルメイ将軍は、太平洋戦争戦争で「道徳的な悩みは一切なかった」として、東京大空襲で無差別爆撃を指揮した人物です。そしてなぜか日本政府が勲章をあげた人物でもあります。

人権という考え方はヒトにしか適用されず、ヒトの定義は時代によって変化しています。ですから戦後の人権の尺度で歴史を振り返ると、大きな落とし穴が待っています。ある時代まで、ヒトは生まれながらにヒトではありませんでした。西洋人に認められてヒトになりました。ここは大事だと思います。

子供のための歴史講座12:盧溝橋事件

やあ〜乱世乱世。時は1937年、中国の盧溝橋では日本の支那駐屯団が夜間に軍事演習をしていた。演習は中国にも通知していて、いつもの訓練のはずだったが、ここで事件が発生する!
盧溝橋事件


娘「なんで、日本の軍隊が中国にいるの?」

少し前に中国では義和団事件という内部紛争が起きて、各国の軍隊が出動したんだ。日本はその時の北京議定書に基づいて、軍隊を置いたんだよ。盧溝橋は満州と中国の国境付近で、中国の国民党軍との緊張が高まっていた。

ところが、この演習中に中国側から弾が飛んで来た。慌てた日本軍は、全員無事か確認をとると、行方不明の兵士がいた。大変だ!撃たれたのか?中国に捕まったのか?捜索と救出と、さらなる攻撃に備えなくては!

娘「なんで中国は、攻撃してきたの?」

実は、中国の攻撃かどうかもわからないんだ。中国の国民党軍が目の前にいて、攻撃されるかもしれない状況で、弾が飛んできた。そして行方不明の兵士がいるという事実に、日本軍は慌てた。

娘「んー、なるほど」

行方不明の兵士がいるとの報告を受けた牟田口連隊長は、緊急事態だと判断して上官に報告する前に出動を決める。一文字山に部隊が大移動を始めた。

夜明けには中国側に猛抗議するけど、中国側は発砲したつもりはない。日本が言いがかりをつけて、侵攻を開始したのでは?と思う。両者が疑心暗鬼の中、ピリピリした両軍の部隊がにらみ合い、小競り合いが始まる。

気がついたら小銃で撃ち合あい、迫撃砲を発射するわで大騒ぎになり、一旦は休戦しましょうとなる。しかし騒ぎが大きかったから、両者とも大軍を派遣して互いの動向を監視することになる。

娘「大勢が集まると、またケンカになりそう」

その通り!また発砲騒ぎがあって、互いが応戦して、どんどん騒ぎが大きくなる。さらに両者とも部隊を増やして、どんどん大掛かりになってしまう。ここで重要なのは、日本政府も中国国民党政府も全面戦争には反対だったことだ。

娘「なんで?」

日本は軍隊内でも、満州から南に進軍する意見とソ連の侵攻に備えて止まる意見が対立していたし、南に進軍するにしても、まだ準備が整ってなかった。中国は義和団事件以降、内乱を警戒していて、当時は毛沢東が率いる共産党が頭痛のタネだった。だから日本と戦争する余力はなかったんだ。

娘「でも、戦争になるんだよね」

日本の進軍する派もしない派も、中国一撃論というのを支持している人は多かった。中国はちょこちょこ反撃してくるけど、一発ガツーンとやれば黙りますよ、という考えだ。そこでガツーンと日本はやってみた。

娘「そしてガツーンとやられたの?」

正解!中国はガツーンとやり返して、戦争になってしまった。互いの政府が望んでないのにね。

娘「バカなの?ねぇ、日本軍ってバカなの?」

日本は日清戦争に勝ってるから、中国を舐めていた面はあったと思う。それに中国からすると内政はガタガタで、ヨーロッパの各国だけでなく日本も中国に侵攻しそうでピリピリしてた。読み違えもあったんだ。

娘「ねぇ、最初の行方不明の兵士はどうなったの?」

ああ、その人はトイレに行っていただけだから、普通に帰ってきた。

娘「トイレ!?」

人騒がせなトイレだよね。大勢が集まって軍事的な緊張が高まると、トイレだって戦争の原因になりかねないんだよ。些細なことから戦火は広がるんだ。

娘「トイレに行くときは、ちゃんとみんなに言ってから行こう!」

そうしなさい。




関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン
子供のための歴史講座10:ミスター5%
子供のための歴史講座11:五一五事件

子供のための歴史講座11:五一五事件

やあ〜乱世乱世。時は1930年、日本海軍に激震が走った。ロンドンの海軍軍縮会議で、首相の若槻禮次郎が海軍力を削減することを認めた。日露戦争の日本海海戦に勝利し、ヨーロッパ列強の脅威に備えていた日本海軍は怒った!
五一五事件


娘「若槻さんは、平和な人なの?」

平和かどうかより、日本はお金がなかったんだ。日露戦争の借金もあったし、諸々の出費が多くて金欠だったから、世界的な軍縮は歓迎だった。だから岩槻首相がいる立憲民政党は、軍縮の方針だったんだ。

娘「ふーん」

そこで海軍の若手将校だった藤井斉は、仲間を集めて決起を決意する。具体的には若槻禮次郎の暗殺だ。ところが藤井は上海事変に出動し、「あとは頼んだぞ」の遺言を遺して戦死してしまう。

娘「じゃあ、若槻さんの暗殺はなしだね」

ところがそうはいかない。同士の無念の死を前に、仲間達は何がなんでもやり遂げると誓ったのだ。ところが世間では選挙が行われて、立憲民政党が負けて犬養毅が首相になった。

娘「よかったね」

それが収まりがつかないんだ。首相の暗殺を誓った藤井は無念の死を遂げた。あとを頼むとも言われた。だから首相の暗殺はやり遂げないといけない。

娘「犬養さん、関係ないじゃん!」

関係ないけど関係あるのだ。首相を暗殺すると決めたから、藤井のために実行するしかない!!

娘「めちゃくちゃじゃん!」

1932年5月15日、まず海軍中尉の三上卓が警備の警察官を射殺して首相官邸に侵入する。食堂にいた犬養毅を発見すると、即座に引き金を引いた。しかし弾が入ってなかったから、犬養毅に取り押さえられた。

娘「はぁ?弾がない?取り押さえられた?犬養毅はおじいちゃんでしょ?」

犬養は「話せばわかる」と言って、三上を応接室に連れて行き、これからの日本について話して聞かせようとした。その時に裏口から侵入していた黒岩勇が現れた。犬養は「話せばわかる」と言ったが、黒岩は「問答無用!」と、犬養のお腹に銃弾を浴びせた。

娘「なんだ、この話は」

銃声を聞いた女中さんが駆けつけると、犬養は「今の若いもんを連れて来なさい。話せばわかる」と言った。

娘「うん、話せばわかる話」

そして犬養毅は息を引き取った。これが五一五事件だ。このあと立憲政友会の本部や警視庁も襲われたんだけどね。

娘「結局、海軍の人は何をしたかったの?」

藤井斉のために首相を暗殺したかったんだ。

娘「それが日本とか海軍の、なんになるの?」

知らん。藤井斉の弔いにはなった。

娘「えーーーー!?」

なんだかパッとしない話の割に、首相が死んだり現役の軍人が決起したりで、事件のインパクトは大きかった。国民の間で犯人達の助命運動が起こったり、軍事内閣の誕生に繋がったりで、後々大きな影響を与えたんだ。

娘「とりあえず、話はよく聞こう」

うん、話せばわかるしね。



関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン
子供のための歴史講座10:ミスター5%

子供のための歴史講座10:ミスター5%

いや〜乱世乱世。時は1869年、場所はオスマン帝国のコンスタンティノープル。今で言うならトルコのイスタンブールだ。石油商人の家にカルースト・サルキス・グルベンキアンは生まれた。彼はのちに「ミスター5%」と呼ばれ、世界の歴史に大きな影響を与えた。
カルースト・サルキス・グルベンキアン


娘「誰それ?」

今回は有名な歴史の偉人じゃなく、歴史の影の部分だ。だから名前を知らなくて当然だよ。グルベンキアンはロンドンに留学して、そのまま市民権を獲得する。そしてオランダの石油会社のロイヤル・ダッチ社と、イギリスのシェル石油の合併に協力する。そして合併したロイヤル・ダッチ・シェル社の株式の5%を手にした。

娘「その会社は今もあるの?」

今は世界第2位の石油会社で、超巨大企業だよ。そしてグルベンキアンは、第一次世界大戦の最中にオスマン帝国に設立するトルコ石油会社に5%出資することにした。オスマン帝国が負けると、イギリスと交渉してトルコ石油会社の石油採掘を認めさせた。

娘「ラクダに乗ったロレンスさんと同じ頃?」

その通り!そしてこの時もオスマン帝国の国境が曖昧で、それぞれの石油会社の取り分で揉めるんだ。なかなか結論が出ない中、グルベンキアンは「私はオスマン帝国で生まれたから、国境を知っている」と言って、地図に赤ペンで国境を書いたんだ。これを赤線協定という。

娘「みんな納得したの?」

納得するように線を引いたんだよ。そしてグルベンキアンは、赤線協定内の5%の利益を得ることに成功した。この赤線協定によって、中東の利益は欧米がスムーズに独占できるようになり、アラブ各国は独立したけど利益を吸い取られる仕組みができたんだ。

娘「なんでも5%の人なんだ」

これはグルベンキアンの哲学だね。彼は独占は争いを招いて、最終的に損をすると考えていたんだ。

「小さなパイの大きな一切れより、大きなパイの小さな一切れの方が良い」

と言ってる。

娘「どういう意味?」

小さな市場を独占するんじゃなくて、利権を他国の大企業に渡して市場を大きくするんだ。そして大きくなった市場の取り引きに、何でもかんでも「5%ちょうだい」と言っていた。その方が、トラブルもないし大儲けできたんだ。

娘「ふーん。じゃあグルベンキアンさんは、良い人だ」

それは見方によるなぁ。中東の人からすると、いびつな国境を押し付けた張本人だしね。そもそも歴史に良いも悪いもないし、人の行いは見る人によって評価が変わるからね。

娘「なんかよくわからん」

今は分からなくていいんだよ。歴史を知るうちに、だんだん分かってくるよ。


関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン

子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン

やあ〜乱世乱世。時は1830年、場所はアメリカ。日本はまだ江戸時代で、大塩平八郎の乱が数年後に起こる頃だ。アメリカでは「バカ」と呼ばれたアンドリュー・ジャクソンが大統領に就任した!
アンドリュー・ジャクソン

続きを読む

子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い

いや〜乱世乱世。時は1815年。日本は江戸時代で、伊能忠敬が日本地図作りに精をだしている頃だ。ナポレオンさんはエルバ島の刑務所にいました。ヨーロッパの各国は、ウイーンに集まって会議をやっています。
ウイーン会議
※ウィーン会議の風刺画。「会議は踊る」と揶揄された。

続きを読む

子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦

いや〜乱世乱世。時は1942年6月。日本はアメリカに連戦連勝で、日本海軍の山本五十六が、次はミッドウェイ島を攻めることにした。イーーーッパい船を集めて大艦隊での作戦だ。ちなみにミッドウェイ島はここ。
ミッドウェイ島

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。