スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セイコーの挑戦と苦悩の物語02

前回からの続きです。

1962年、第二と諏訪のセイコーグループは、時計業界で世界最高の権威を持つスイスの天文台コンクールに、参加の打診をします。これは2年後に迫る東京五輪をにらみ、セイコーブランドを世界に発信したい狙いがあったからです。63年に、まず諏訪がニューシャテル天文台コンクールに参加し、翌年には第二も参加しました。
セイコー・ホールディングス
※セイコー・ホールディングス

続きを読む

スポンサーサイト

子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い

いや〜乱世乱世。時は1815年。日本は江戸時代で、伊能忠敬が日本地図作りに精をだしている頃だ。ナポレオンさんはエルバ島の刑務所にいました。ヨーロッパの各国は、ウイーンに集まって会議をやっています。
ウイーン会議
※ウィーン会議の風刺画。「会議は踊る」と揶揄された。

続きを読む

セイコーの挑戦と苦悩の物語01

「なんとかします」
「重城くん、なんともならないんでしょ?」

1998年の夏の終わり、セイコーの設計士の重城幸一郎は部長に何を言われても「なんとかします」の一点張りでした。セイコーの最高級機械式腕時計「グランド・セイコー」の復活のために設計士に抜擢された重松は、入社7年目の若手社員でした。その重松が自ら決めたグランド・セイコーの精度基準をクリアできず、グランド・セイコーは頓挫しつつあったのです。
重城幸一郎
※重城幸一郎の近影

続きを読む

ファッション業界は堕落したのか

ルイヴィトンのバッグはmade in Franceって書いてるけど、本当はフランス製じゃないよね、とか。セレブが身につけている高級ブランドは、お金をもらって宣伝のために身につけてるだけだよね、とか。前から噂されていたことを、膨大な取材を元に名の知れたファッション・ライターがストレートに書いてしまった本が、今回紹介する「堕落する高級ブランド」です。
堕落する高級ブランド

続きを読む

最大野党 日本社会党の凋落

昭和が終わり平成になり、新しい時代が始まる予感に満ちた1989年、日本社民党(現在の社民党)は絶頂期にありました。長らく続いた自民党の一党支配を終わらせ、社会党が与党になる可能性が出てきたのです。
日本社会党

続きを読む

未解決事件:富田の股割れ

未解決事件の話題です。一見、数多い失踪事件の一つに思えたのですが、この怪文書が送られてきたことで注目を集めました。いたずらなのか、犯行を知るものが書いたのか、謎のままです。

事件は1991年3月に、三重県四日市市富田で起こりました。加茂前ゆきちゃん(8歳)が、忽然と姿を消しました。自宅にはゆきちゃんが大好きなココアの飲みかけが暖かいまま残っており、出かける時にいつも着るジャンパーも、自転車も残っていました。何の手掛かりもないまま3年が過ぎ、加茂前さん宅に手紙が送られてきます。
加茂前ゆき
※加茂前ゆきちゃん

続きを読む

江戸の性風俗

現在の恋愛や純愛は、明治以降にヨーロッパから輸入されたものですか、では江戸時代はどんな恋愛の形があったのかを解きほぐす本です。「昔は良かった」的な流れもありますが、タイトルほど過激でもなく、下世話趣味にもならずにまとめられています。
江戸の性風俗

続きを読む

大人のケンカ ビジネスの覇者

1995年、アメリカメディアの大手タイムワーナーの会長ジェラルド・レヴィンは、意気揚々と副会長のテッド・ターナーの元を訪れました。

「俺たちは大金持ちになれるぞ」

しかし話の中身を聞いたターナーは激怒し、レヴィンは窮地に追い込まれました。
テッド・ターナー
※テッド・ターナー

続きを読む

子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス

いや〜乱世乱世。時は1916年、第一次世界大戦の真っ只中。イギリスの外務省に所属していたトーマス・エドワード・ロレンス大尉はアラビア半島に降り立った。休暇中の旅行ということだが、戦争中に敵地でバカンスを楽しむ人はいない。
トーマス・エドワード・ロレンス

続きを読む

バブルの匂い 映画「BEST GUY」

織田裕二が「東京ラブストーリー」でブレイクする前、そしてバブル絶頂期の90年12月に公開された映画「BEST GUY」は、見た方がいい。唐突で無理な展開に、未回収の伏線を散りばめ、バブル期のダサさを全開にした舞台に、ザ・大根役者的な演技が堪能できます。それを航空自衛隊が協力したのですから、他では味わえない秀逸さなのです。
ベストガイの織田裕二

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。