スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世

いや〜乱世乱世。時は18世紀、場所はロシア。エカチェリーナ皇后は男物の軍服を着て馬に跨り、旦那の皇帝ピョートル3世を相手に戦闘を開始した。壮大な夫婦喧嘩の始まりだ。そしてエカチェリーナが勝利した。女は強しだぁあああ!
エカチェリーナ2世

ロシアの歴史には、エカチェリーナ1世と2世が出てくる。同じ名前だが全くキャラが違うので、間違えないように。例えるなら1世はシンデレラのような人で、2世は大阪のおばちゃんだ。

娘「今日はどっちの話なの?」

大阪のおばちゃんの方だ。夫婦ゲンカに勝利したエカチェリーナおばちゃんは、旦那を牢屋に入れるけど、すぐに殺されてしまう。そこで「ウチの人、痔が酷くて死んだんです」と発表する。

娘「??痔で死ぬの?」

死なないよね。しかし世界中から失笑を買うことには成功した。それだけピョートル3世は嫌われていたんだね。

娘「なんで嫌われたの?」

ピョートル3世は皇帝になると、7年間続いている戦争を終わらせて、敵のドイツに領土を譲ってしまった。これにみんなが怒ったんだ。大勢の犠牲者が出た戦争なのに、簡単に領土を渡すなってね。しかも皇帝は大のドイツ好きで、軍服も何もドイツ式に変えてしまった。

娘「んー、怒られそう」

だからエカチェリーナおばちゃんは、旦那とケンカするのに「ロシアの緑の軍服持ってきや!ウチが着るで」って言って、男物の軍服を着て馬に跨って頑張った。そして旦那を追い出したけど、元はドイツ人だからロシア国内の人気は低かった。大阪のおばちゃんが、東京の会社の社長になったみたいなもんだ。しかもエカチェリーナおばちゃんは、啓蒙思想の持ち主だった。

娘「何それ?」

簡単に言うと、偉い人が教えてあげるやり方だね。「ウチが何でも教えたるでー。何でも聞いてや」って感じだ。

娘「なんな嫌われそう」

ハッキリ言って、最初は人気がなかった。だけど勇ましいエカチェリーナおばちゃんは「ケンカは買うたるで。かかって来いや!」のケンカ上等の人で、そしてケンカに強かった。次々に戦争に勝って領土を広げて人気者になるんだ。

さらによその国のことにも口を出す。ポーランドに行って「あんたらは、こっちに住みや」「ウチが口聞いたるから、黙ってこっちに行っときや」と、ポーランド分割を主導して王位継承にまで口を挟む。

娘「この人、ちょっと苦手かも」

しかし、こういう行動力と厚かましさがないと決まらない事もあるんだ。そしてさらに付け足すと、イケメンが好きで愛人をズラッと揃えていた。

娘「もう無理。この人」

イケメンを取っ替え引っ替えしてたけど、ポチョムキン公爵を本気で好きになってしまう。ポチョムキン公爵に振り向いてもらえないおばちゃんは、お手紙を送る。自分がつきあった男を全部書いて反省して、それでもあなたが必要なんですと、浪花節のラブレターだ。そしてポチョムキン公爵は、めでたくおばちゃんの愛人になる。

娘「わけがわからなくて、もう限界」

こんな濃い口のエカチェリーナおばちゃんは、ロシア帝国最強の女帝として、歴史に名を刻んだのだ。母親に「ブス」と言われ続けて嫌われたエカチェリーナには、凄みを感じるね。

娘「おそロシア・・・」



関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。