スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田諒太の世界戦雑感

WBAミドル級の正規王座を賭けて、村田諒太とアッサン・エンダムの試合は、2−1のスプリット・デジションでエンダムの勝利となりました。この結果に会場は驚きの声が上がり、ネットにも結果に納得できないという声が多数書き込まれています。
村田対エンダム


1R、足を使うエンダムに、村田はほとんど手を出さずに終えます。相手の動きを見て、体力を温存しつつ相手を疲れさせ、後半勝負というプランだったのでしょう。これは世界戦で、12Rの試合は村田にとって初体験です。それなのに初回を相手にプレゼントする作戦は、かなりギャンブル性の高いものでした。

10ポイント・マスト・システム(どちらかの選手に必ずポイントをつけて、同点にしない)では、今回の村田のようにガードを固め、あまり手を出さないスタイルは判定では不利です。ダウンを奪えず、目立った有効打がない場合、リング・ジェネラルシップ(主導権支配)でポイントを奪われてしまう可能性が高いからです。今回の村田のようなスタイルは、特に世界戦ではKOしなければ勝つのは難しいのです。

村田がダウンを奪った4Rや、右ストレートでダウン寸前まで追い込んだラウンドは確実に村田がとっていますが、1〜3Rまではエンダムがとったラウンドでした。8〜12Rまでは、有効打をとるか手数をとるか、ジャッジの判断によってどちらに行っても不思議ではないラウンドでした。そして3人のジャッジのうち、2人が手数をとったということです。
ジャッジペーパー(村田対エンダム)
ジャッジペーパー(クリックして拡大)
※左の紙は、勝利者の名前を書き間違えていますね。

試合の印象と判定結果が真逆になるのは、10ポイント・マスト・システムではよくあることです。どちらも優位に運べず、素人目には引き分けのラウンドでも10-9をつけるので、ダウンを奪った選手が大差の判定負けになることは珍しくありません。日本で判定に対して不満が出る試合の大半が、このシステムによるものです。ですので今回の判定も、さほどおかしな判定とは言えないと思います。今回の村田の敗因は、判定がどうこうというより、あのスタイルで倒しきれなかったことが最大の要因ではないでしょうか。


深刻なのは、今後の村田のプランです。現在ミドル級は、ゲンナジー・ゴロフキンが主要3団体の世界王座に君臨し、WBOはビリー・ジョー・ソーンダースが王座に就いています。そして最も人気があるのは、現在は無冠のサウル・アルバレスです。ミドル級の最大の話題は、ゴロフキンとアルバレスの対決に関してです。
ミドル級の主役たち
右:ゲンナジー・ゴロフキン 中央:サウル・アルバレス 左:ビリー・ジョー・ソーンダース

ゴロフキンの前には挑戦者が列を作って並び、村田がその列に入り込むことはビジネス的に不可能です。そこでこれまでは、ソーンダースとの試合を模索していました。しかしソーンダースもゴロフキンとの統一選を熱望していて、村田との試合には後ろ向きです。そこでWBAがスーパー王者のゴロフキンとは別に設けている正規王者のタイトルを巡って、今回の村田の挑戦が実現したのです。

原則的にリターンマッチは禁止されているので、エンダムとの再選は難しいです。ゴロフキンとの対戦は絶望的ですし、仮に実現したとしても現状では勝てる可能性がほとんどありまえん。そしてソーンダースが否定的となれば、村田の世界挑戦の道は険しいものになってしまいました。

今回の敗戦は、とても大きいものです。今後の村田の動向に、注目したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

年齢という要素もありますね。
もう少し若かったなら挑戦する順番が来るまで待てるのかもしれませんが、とても厳しいでしょう。

年齢は大きいですね。村田はもうすぐ30歳なので、ゆっくり待つわけにはいかないでしょうね。

ゴロフキンが王座を返上して、上の階級に行ってくれるといいのですが、まだまだ保持してそうな雰囲気ですよね。
プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。