FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞ってなんだ?

アメリカの映画祭、アカデミー賞が2月28日に迫りました。今日はこのアカデミー賞の話を書いてみたいと思います。写真は第1回アカデミー賞の様子です。

hollywood-roosevelt-first-academy-awards.jpg

アカデミー賞とは、そもそもなんなのでしょう?それを知るには、アカデミー賞を選考する映画芸術科学アカデミーという団体を知る必要があります。そう、この団体が選ぶ賞だからアカデミー賞という名前なんです。

この映画芸術科学アカデミーは、1927年にハリウッドで30人ちょっとのメンバーで発足し、ハリウッド映画の発展のための協議を行っていました。その夕食会で、1年間良い仕事をした人をねぎらうために賞を贈ったのが、アカデミー賞の始まりです。

この頃のハリウッドは、ニューヨークで映画のあらゆる特許を手に独占的なビジネスを展開するエジソンの支配を嫌い、アメリカ大陸を横断して逃げてきた人達が集まった場所でした。そのため人材の確保、カメラや照明などの技術革新、資金繰りなど課題が山積みで、なにより新興ビジネスの映画が西海岸でどれほどの成功を収めるか未知数でした。それらを協議するために映画芸術科学アカデミーが発足したのです。

その賞であるアカデミー賞は、これらアカデミーの課題に貢献した人、平たく言えばハリウッドの映画産業に貢献した人をねぎらうのが始まりです。つまりアカデミー賞は、ハリウッドの映画人達が、身内のために行うものなのです。

こうした背景があるので、例えば俳優部門の賞は、1年間で最高の演技をした人に贈られるとは限りません。この1年間の映画に出演した俳優で、長年に渡ってハリウッドの映画産業に貢献した人が選ばれることもあります。またハリウッド映画への貢献という観点から、ノミネートはロサンゼルス郡で公開された映画に限られています。

他の映画祭のように、今年最高のものを選ぶというよりも、あくまでも仲間を讃えるための賞として見ると、ノミネートや受賞者が業界内でどのような評価を得ているかがわかります。

自分が好きな俳優や監督が選ばれるか?だけでなく、こういった見方をするのも面白いと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。