FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚くべき高齢化社会

高齢化社会を調べていて、驚くべき事実にぶつかりました。リンクしたWHOのデータを見て、どう思われるでしょうか?特に右端の各国の平均年齢のランキングにご注目ください(年齢の中央値と書いてある表です)。高齢化社会が問題視されている日本がトップなのは、まだ理解できます。問題は2位以下です。

参照データ

日本:46歳
ドイツ:46歳
イタリア:44歳
オーストリア:43歳
ブルガリア:43歳
クロアチア:43歳

上位6カ国の顔ぶれです。もうお気付きの方もいるかもしれません。上位3カ国は第二次世界大戦の日独伊三国同盟のメンバーです。さらにオーストリアは、第二次大戦下ではドイツに併合されていました。ブルガリアはナチス・ドイツと軍事同盟を結んでいましたし、クロアチアはナチス・ドイツの支援を受けて、ユーゴスラビアから独立していました。

こうしてみると、高齢化社会を突き進んでいるのが、第二次世界大戦時の枢軸国側だというのがハッキリします。戦争に負けると高齢化社会になる、とか占領されると高齢化社会になるなんて仮説を立てたくなります。偶然なのかもしれませんが、よくできていると思いませんか?

しかし日本の平均年齢が46歳って、これだけでも驚きだと思いませんか?日本は全体として、オッさんとオバさんの国になってるってことですね。それと15歳未満の人口の割合も、日本が192位という事実に困ってしまいます。高齢化社会一直線って感じですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。