FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64(ロクヨン) 横山秀夫

映画化されると聞いたので、改めて読み直してみました。D県警を舞台に、昭和64年に起きた未解決の誘拐事件を軸に、警察の警務部、刑事部、そして記者クラブを舞台にした物語です。
ロクヨン


読み応えのある小説で、ディテールを丁寧に描き、細かい心理描写も含めて、さすが横山秀夫という小説です。クライマックスの意外さも良く、ミステリーとしての完成度も高いと思います。しかしなぜか最後までノレませんでした。登場人物の誰にも感情移入できず、妙な苛立ちさえありました。前に読んだのに、ほとんど記憶していないのは、これが原因かもしれません。

苛立ちの原因の一つは、登場人物のほとんどが自分の仕事をしていないことです。D県警を舞台に、警察も番記者も本業そっちのけで延々と政治をやっています。警察署の広報室を舞台に、メディアを宣伝に利用したい警察と、警察に何を言わせるかばかりのメディアに食傷気味になりました。

しかし同じ横山秀夫の「震度0」も、同じく登場人物のほとんどが警察官で、神戸震災も同僚の失踪も放ったらかしで、延々と政治に明け暮れるのですが、こちらは誰にも感情移入せずとも十分に楽しめました。結末の後味は圧倒的に「震度0」の方が悪いのですが、その悪い後味も含めて楽しめました。

思い出してみると、私は横山秀夫のヒット作「クライマーズ・ハイ」もダメでした。御巣鷹山に墜落した日航機を追う新聞記者が主人公の物語で、壮絶な現場に直面した記者の苦悩が描かれています。新聞記者だった横山秀夫の渾身の力作ですが、なんとも落ち着かない気分になりました。

基本的に横山秀夫の本は好きなのです。「半落ち」には唸らされましたし、「第三の時効」は今でもお気に入りです。「臨場」や「顔FACE」も楽しめました。しかしこの「64(ロクヨン)」や「クライマーズ・ハイ」は、力作であるにも関わらず、苛立ちと落ち着かなさが出てきます。もしかしたら、私はこの両作品で振りかざされるメディアの正義に苛立っているのかもしれません。いや、登場人物が何を主張し何を言おうが嫌になることはないのですが、作者がその正義を肯定しているようで嫌な気分になるのでは?と、自己分析してみました。

そんなことを気にしない人には、楽しめると思います。しかしこれらの本で覚える違和感が、昨今のメディアの問題を考える時に覚える違和感が同質のように思えるのも事実です。本書を読み返しながら、そんなことを考えました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。