FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出川哲朗「はじめてのおつかい」の功罪

テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」で、タレントの出川哲朗さんが、見知らぬ海外でろくに使えない英語を駆使して目的地にたどり着く「はじめてのおつかい」が大好評のようです。いろいろ批判もありますが、ロクでもない英語を話す身としては勉強になる部分もあります。

出川哲朗


「メニメニ バッドマン スリーピング ハウス」

サンフランシスコの街中で、こう言い続けて「アルカトラズ刑務所ね」と回答をもらうのは、スゲーという言葉しか出てきません。英語を話せない人の多くは、話さないから話せないという根本的な問題を抱えていることが多いのです。わからない時は、知っている言葉をありったけ使って伝えるのも大事です。

私は留守番電話をAnswering machineと言うのを知らず、「テレフォン ウィズ テープレコーダー」と言って笑われた経験がありますが、何とか会話はできました。そして英語の先生から「そういうトライを繰り返せ」と言われました。ここで笑われた経験が、後で辞書を調べてAnswering machineという単語を覚えるきっかけになるわけです。

ただこの企画は、見ていてハラハラします。一緒に出ているバイリンガルの河北麻友子さんや谷まりあさんがCan I ask you a question?「質問してもいいですか?」と通り行く人に尋ねても大抵Noと言われるのに、出川哲朗さんはほぼ100%話せています。これはコミュニケーション能力というよりも「ソーリー ソーリー」となぜか誤りながらやってくる出川に「?」と思って立ち止まるか、恐ろしくぶしつけな態度に相手が怯んだからです。

日本で見知らぬ外国人が「ちょっといいですか?」と言ってきたら、急いでいる時なら「ごめんなさい」と断ることもできますが、突然「花を知ってるか?」とか「古いアウトレットセンター?」などと外国人が言ってきたら「何なんだ?」と思わず足を止める人もいるでしょう。出川さんの前に足を止める人の大半は、こんな感じです。さらに出川さんの相手をしてバスに乗り遅れた人に「もう一回言え」「言え、言え」としつこく言い続ける様子は、失礼すぎると思いました。

ただやはり「大英博物館」という単語がわからないから「イングランド ヒストリー ホール」で聞き出すのは、何とも力強いと思います。「ブリティッシュ」と「ミュージアム」という中学校で習う単語を知らないのはどうかと思いますが、ド忘れした時にこの手を使うのはありだと思います。というか、ド忘れしたから話さないではなく、こうやって何とかひねり出すのは重要だと思うのです。

かなり失礼で無作法なので、あれを見て「自分も同じように挑戦しよう」と思うのは、止めた方が無難です。やはり最低限のことは調べておいた方がいいですし、人にものを尋ねるマナーというのもあります。もちろんテレビですから、映っていないだけで出川さんが行った非礼は、スタッフ等が説明して謝罪していると思います。そのまま真似をすると、きっと怒られると思いますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。