スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PL学園野球部の消滅

様々な不祥事に揺れたPL学園野球部が、最後の夏を終えました。桑田・清原のKKコンビはリアルタイムで見ていましたし、立浪も覚えています。名門が消えることに一抹の寂しさを覚えてしまいます。
PL学園


高校野球は、汚れなき白球というブランドイメージを大事にするあまり、不祥事に関して過敏すぎるように思います。しかしそれを差し引いても、PL学園の不祥事はかなり酷いと思います。血気盛んな高校生が、アドレナリンを全開にして練習をしていれば、カッとなって引っぱたくこともあると思います。しかし、カッとなってつい手が出たというレベルではないものが、散見されるのです。

桑田投手のお父さんが手記に書いた、スリッパを池に投げ込んで、下級生に取りに行かせて溺死した事件などが最たる例で、指導でもついカッとなったわけでもないと思います。さらに裁判で明かされた、集団で女性マネージャーの性器にドリンクボトルを押し込んだ事件など、言い逃れができない酷い事件です。

PL学園の付き人制度や激しいシゴキなどが、運命共同体的なチームの連帯感を生んだこともあるでしょう。PL学園OBが体罰やシゴキを話すとき、無邪気な顔で受けた仕打ちを話す姿からは、そうやって育まれた連帯感のようなものを感じます。しかし池にスリッパを取りに行かされた部員や、性的暴力を受けたマネージャーに、仲間意識や連帯感があったでしょうか?

イラつこうが、頭にこようが性的な暴力を振るう人はいないでしょう。思わず手が出ることはあっても、そんなことはしないはずです。この連帯感の中には特権階級の上級生や、同級生の中でも特別な生徒とそうでない生徒との階級が存在したように思えます。連帯感は上位階級で謳歌され、同じ部の中には仲間ではなく人としてすら扱われない学生が存在したわけです。

名門が消えるのは寂しいですが、これほど問題が立て続けに起こると、野球部の体質に問題があると思われるのも当然です。高校野球は何のためにあるのか?高校野球はビジネスか?教育か?などの根本的な部分を、再考する時期なのではないかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。