FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のシンクロが席巻した時代

アトランタ五輪で銅メダルを獲得した日本のシンクロは、2000年のシドニー五輪で金メダルを目標にしていました。。鬼コーチとして有名な井村雅代は、絶対的な強さを誇るロシアに勝つため、いくつかの具体的な手法に着手していました。その一つが、手足が長いロシアに見劣りする短い手足の日本人でも栄える、コンパクトな技のバリエーションでした。
シドニー五輪シンクロナイズドスイミング


ヘッドコーチの井村らスタッフが考え抜き、コンパクトな技を連発できる日本らしいテーマが「空手」でした。画期的だったのは、空手の動きをシンクロに取り入れるだけでなく、プールに入る前に8秒間の演技を導入したことです。これは今では当たり前に行われていますが、日本の「空手」が最初だったのです。そしてその8秒間の演技のために、空手の師範から9ヶ月間の稽古を受けています。

2000年4月のシドニー五輪予選で「空手」は初披露されました。ヨーロッパ文化の中心に日本文化を放り込んだ意外性に加え、プールサイドでの演技の斬新さ、そして審判の印象に残る後半に連続技を次々に繰り出す展開は高く評価され、多くの国に衝撃を与えました。その衝撃は女王として絶対的な強さを誇るロシアも例外ではなく、日本の「空手」を見た直後にロシアは演技内容を変えることになります。

その2ヶ月後に行われた欧州選手権で、ロシアがデュエットで披露したのがなんと「空手」でした。さらにコスチュームに漢字で「空手」と書く念の入れようで、わずかの間に女王ロシアが日本を真似するという異常事態になったのです。ロシアが日本の真似をしたことに、井村は笑みを浮かべ「ロシアに真似されて光栄です」と余裕のコメントを出しました。この事件は、もはや日本は格下ではないことを誰もが認めることになりました。

そしてシドニー五輪本番を迎えます。アメリカの新聞に「シンクロは日本を見るだけでも価値がある」、オーストラリアの地元紙でも「最も注目するべきは日本」と報じられました。注目の中、テクニカル・ルーティンで日本の「空手」が全世界に放送されました。プールサイドに整列し、全員が礼をした時にはシンクロにない緊張感が漂い、空手の型をを演じた後に「ヤー」の掛け声とともに跳び蹴りのポーズで入水した瞬間、大歓声が起こりました。

入水する前に日本の演技は観客を虜にしてしまったのです。日本が得意とするコンビネーションに加え、後半に連続する足技、優雅さではなく切れ味を意識した動きに、何度も歓声があがりました。演技終了後にスタンディングオベーションが起こり、鳴り止まない拍手が続きました。しかし残念ながら結果は2位の銀メダルでした。予選で見せることなく五輪本番で初披露ならば金メダルを取れたのではないか?そう惜しむ声もありましたが、ぶっつけ本番は難しかったでしょう。

しかし試合後の報道は、各国で金メダルのロシアよりも日本が多く報道されました。この時、間違いなくシンクロを牽引していたのは日本でした。世界の頂点に、あと一歩というところまで来ていたのです。日本のシンクロはやや低迷が続いていましたが、井村雅代ヘッドコーチも帰ってきました。また新たな時代を作るかもしれません。



残念ながらノーカット版はネットに見当たりませんでした。ダイジェスト版です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。