スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のための歴史講座03 クレオパトラ

いや〜乱世乱世。時は紀元前51年。今から2000年も前だ。エジプトの国王が亡くなって、長女のクレオパトラは弟のプトレマイオスと結婚して王位に就いた。
クレオパトラ


娘「え!?姉弟で結婚するの?」

昔は王族の血を守るために、兄弟で結婚するのは珍しくなかったんだ。クレオパトラはお隣のローマ帝国と仲良くしないとエジプトは危ないと思って、仲良くしだす。だけどプトレマイオスは、ローマ帝国を嫌っていて姉弟ケンカが始まる。これなエジプトを二つに分けて、内戦になるんだ。

娘「?姉弟で結婚して、次は戦争?」

ちなみにクレオパトラのお姉さんは、お父さんと戦争をしている。それはともかく、クレオパトラは負けそうになって追い詰められる。さらにローマ帝国から皇帝のカエサルがやって来て、戦争を止めさせようとするんだ。そこでクレオパトラは皇帝カエサルにプレゼントを贈る。寝具に自分を包んで届けたんだ。
ジュリアス・シーザー
※カエサル

娘「なにそのラブコメみたいな流れ!」

でも効果は絶大で、カエサルはクレオパトラにメロメロになってしまい、プトレマイオスは怒ってカエサルを攻撃する。そしてプトレマイオスが殺されてしまい、クレオパトラは再び女王として君臨するのだ。そしてクレオパトラは、もう1人の弟と結婚する。

娘「もうヤダ、この展開」

ところが、皇帝カエサルは暗殺されてしまう。「ブルータス、お前もか」ってやつだ。その後アントニウスが皇帝になると、クレオパトラにローマに来るように命じ、会った途端にメロメロになってしまう。
マルクス・アントニウス
※アントニウス

娘「ローマにはダメ男しかいないのか」

アントニウスはローマ帝国を繁栄させるけど、外国ばかりに行って反感をかってしまうんだ。皇帝はローマを見捨てたのか?ってね。そしてローマのオクタウィアヌスが、皇帝アントニウスを相手に戦争を始める。

娘「さっきから、結婚と戦争しかしてないね」

そう言うな。当時は結婚も戦争も大事な政治なんだ。アントニウスは戦闘の中で、クレオパトラを守って船に乗せて逃す。そして自分もクレオパトラの後を追う。

娘「おお!カッコいい」

しかし部下が置き去りにされたので、女の尻を追って逃げた皇帝と言われる。

娘「やっぱりダメ男だ」

そしてアントニウスは、クレオパトラが死んだと聞かされて、自殺してしまう。しかしその知らせは誤報で、クレオパトラはピンピンしてた。

娘「リア充はダメだ」

クレオパトラは捕らえられ、絶望してしまう。そして隠し持っていたコブラに体を噛ませて、自殺しましたとさ。おしまい。

娘「なんでコブラ?しかもアホっぽい」

今の感覚だとアホみたいだけど、当時は真剣だったんだ。こうやって歴史は積み重ねられるんだよ。そしてこの手の歴史は繰り返さらるんだ。続きは、また今度ね。


関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。