スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のための歴史講座11:五一五事件

やあ〜乱世乱世。時は1930年、日本海軍に激震が走った。ロンドンの海軍軍縮会議で、首相の若槻禮次郎が海軍力を削減することを認めた。日露戦争の日本海海戦に勝利し、ヨーロッパ列強の脅威に備えていた日本海軍は怒った!
五一五事件


娘「若槻さんは、平和な人なの?」

平和かどうかより、日本はお金がなかったんだ。日露戦争の借金もあったし、諸々の出費が多くて金欠だったから、世界的な軍縮は歓迎だった。だから岩槻首相がいる立憲民政党は、軍縮の方針だったんだ。

娘「ふーん」

そこで海軍の若手将校だった藤井斉は、仲間を集めて決起を決意する。具体的には若槻禮次郎の暗殺だ。ところが藤井は上海事変に出動し、「あとは頼んだぞ」の遺言を遺して戦死してしまう。

娘「じゃあ、若槻さんの暗殺はなしだね」

ところがそうはいかない。同士の無念の死を前に、仲間達は何がなんでもやり遂げると誓ったのだ。ところが世間では選挙が行われて、立憲民政党が負けて犬養毅が首相になった。

娘「よかったね」

それが収まりがつかないんだ。首相の暗殺を誓った藤井は無念の死を遂げた。あとを頼むとも言われた。だから首相の暗殺はやり遂げないといけない。

娘「犬養さん、関係ないじゃん!」

関係ないけど関係あるのだ。首相を暗殺すると決めたから、藤井のために実行するしかない!!

娘「めちゃくちゃじゃん!」

1932年5月15日、まず海軍中尉の三上卓が警備の警察官を射殺して首相官邸に侵入する。食堂にいた犬養毅を発見すると、即座に引き金を引いた。しかし弾が入ってなかったから、犬養毅に取り押さえられた。

娘「はぁ?弾がない?取り押さえられた?犬養毅はおじいちゃんでしょ?」

犬養は「話せばわかる」と言って、三上を応接室に連れて行き、これからの日本について話して聞かせようとした。その時に裏口から侵入していた黒岩勇が現れた。犬養は「話せばわかる」と言ったが、黒岩は「問答無用!」と、犬養のお腹に銃弾を浴びせた。

娘「なんだ、この話は」

銃声を聞いた女中さんが駆けつけると、犬養は「今の若いもんを連れて来なさい。話せばわかる」と言った。

娘「うん、話せばわかる話」

そして犬養毅は息を引き取った。これが五一五事件だ。このあと立憲政友会の本部や警視庁も襲われたんだけどね。

娘「結局、海軍の人は何をしたかったの?」

藤井斉のために首相を暗殺したかったんだ。

娘「それが日本とか海軍の、なんになるの?」

知らん。藤井斉の弔いにはなった。

娘「えーーーー!?」

なんだかパッとしない話の割に、首相が死んだり現役の軍人が決起したりで、事件のインパクトは大きかった。国民の間で犯人達の助命運動が起こったり、軍事内閣の誕生に繋がったりで、後々大きな影響を与えたんだ。

娘「とりあえず、話はよく聞こう」

うん、話せばわかるしね。



関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン
子供のための歴史講座10:ミスター5%

レオ・フェンダーはなぜギターを大量生産したのか

フェンダー・ラジオ・サービスというラジオの修理会社を経営していたレオ・フェンダーが、ギターの製作を始めたのは1940年代でした。そして1949年にエスクワイア、そして1950年にはエスクワイアを改造したブロードキャスターというエレキギターを発売します。これが後のポップミュージックの歴史に大きな影響を与えることになります。
フェンダー


電気でギターの音を増幅するエレキギターという発想は、当時多くの人が研究していました。しかし商業ベースに乗せることができたのはレオ・フェンダーが最初でした。大音量で演奏してもハウリングを起こさないように、ギターの空洞をなくしたソリッド(1枚板)構造なのが最大の特徴ですが、もう一つはギターのネックがボディにボルトで止められているのも大きな特徴でした。

メンテナンス製と生産性の向上を図ったためですが、レオ・フェンダーはネックの振動も計算してボルト止めの方法も何度も検証していたようです。ここで気になるのは、生産性の向上を図った点です。1950年当時のギターは、ミュージシャンという限られた職業の人の中で、ギターリストというごくごく一部の人のために作られていました。

音楽の勉強をすることもなく、楽譜も読めない若者がギターを買うためにお金を貯めるようになるのは、1962年にビートルズがデビューしてバンドブームが起こってからです。ロックンロールは1954年のビル・ヘイリーが発表した「ロック・アラウンド・ザ・クロック」から始まったといわれます。バンドがブームになる前どころか、ロックンロールが芽吹く前にレオ・フェンダーはギターの大量生産を視野に入れていたことになります。

職人がギターを1本1本手作りで作っていた50年代は、ネックとボディを接着する方式でも良かったのですが、工場で大量生産する70年代に入ると、ボディとネックを別に製造できるのは大きなメリットになりました。さらに大量に舞い込むメンテナンスも容易で、フェンダー社は新興企業ながら大きなアドバンテージを得ることができました。

レオ・フェンダーは、憧れだけでギターを買う若者が増える未来を予見できていたのでしょうか?フェンダー社のブロードキャスターは、60年以上経った今でもテレキャスターという名前で販売されています。電気回路は変わりましたが、ほとんどの設計がそのままというのも驚かされます。そして60年代にはストラトキャスターというロックの歴史を塗り替えるギターを発表するのですが、その話はまた別の機会にしたいと思います。

ニュースを見るための銃の基礎知識

ニュースを見るのに、銃の知識はなくても構いません。しかし少しだけ銃の知識があると、ニュースをより深く知ることができることがあります。例えば餃子の王将の社長射殺事件で、「凶器は25口径の自動拳銃」と聞いた時に、あれ?っと思えるのです。そういったわけで、少しだけ銃の知識に関して書いてみたいと思います。
handgun


拳銃にはさまざまなサイズがあります。一般的なサイズ表記は、使用される弾の直径や銃身の内径でしょう。22口径や38口径という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。これは38口径は直径が0.38インチという意味で、約9mmになります。ですから数字が大きくなるほど、大口径になるというわけです。

ここでややこしいのは、アメリカではインチ表記なのにヨーロッパはメートル法が使われることです。そのため7.65mmなんて表記もあったりします。これが混乱の元凶なのですが、どちらの表記も数字が大きくなれば大口径になると覚えておけばいいと思います。そして例外も多くありますが、一般的に大口径になるほど殺傷力が上がります。

テレビドラマなどでは、22口径の銃は玩具のように言われます。現実世界でも「殴るよりはマシ」という声もありますが、実際には22口径が最も多く売られています。護身用の拳銃から狩猟用のライフルまで、22口径が最も多く使われているのです。日本でも浅間山荘事件で犯人グループが使っていたライフルが22口径でした。

先ほど書いた、餃子の王将の社長の狙撃事件ですが、25口径というのは珍しい銃です。1940年代までは多く製造されていましたが、近年ではあまり見られません。25口径が撃てる拳銃の新製品は皆無です。なぜそんな珍しい拳銃を使用したのでしょうか?少しだけ拳銃に詳しいと、そういった疑問が出てくるのです。

かつて日本の暴力団は、フィリピンなどで作られた安価な銃を密輸していました。しかし近年ではロシアのトカレフやマカロフの中国製が出回るようになり、一部には米軍が採用していたイタリアのベレッタ社の銃もあるようです。これらの銃は7.62mmや9mmで、これまでのフィリピン製の38口径とは見た目も性能も全く異なります。

昨年、和歌山の建設会社で起きた銃による殺傷および立てこもり事件では、犯人がコルト社の45口径の自動拳銃とオーストリアのステアー社のGBという38口径の拳銃を使用しました。暴力団でもない一般市民が、本格的な軍用拳銃を使用して犯行に及んだ事実は、関係者に大きな衝撃を与えたようです。

国内、国外で銃を使った事件が起こった時には、こうした銃器も見ておくと興味深い点に気がつくかもしれません。

子供のための歴史講座10:ミスター5%

いや〜乱世乱世。時は1869年、場所はオスマン帝国のコンスタンティノープル。今で言うならトルコのイスタンブールだ。石油商人の家にカルースト・サルキス・グルベンキアンは生まれた。彼はのちに「ミスター5%」と呼ばれ、世界の歴史に大きな影響を与えた。
カルースト・サルキス・グルベンキアン


娘「誰それ?」

今回は有名な歴史の偉人じゃなく、歴史の影の部分だ。だから名前を知らなくて当然だよ。グルベンキアンはロンドンに留学して、そのまま市民権を獲得する。そしてオランダの石油会社のロイヤル・ダッチ社と、イギリスのシェル石油の合併に協力する。そして合併したロイヤル・ダッチ・シェル社の株式の5%を手にした。

娘「その会社は今もあるの?」

今は世界第2位の石油会社で、超巨大企業だよ。そしてグルベンキアンは、第一次世界大戦の最中にオスマン帝国に設立するトルコ石油会社に5%出資することにした。オスマン帝国が負けると、イギリスと交渉してトルコ石油会社の石油採掘を認めさせた。

娘「ラクダに乗ったロレンスさんと同じ頃?」

その通り!そしてこの時もオスマン帝国の国境が曖昧で、それぞれの石油会社の取り分で揉めるんだ。なかなか結論が出ない中、グルベンキアンは「私はオスマン帝国で生まれたから、国境を知っている」と言って、地図に赤ペンで国境を書いたんだ。これを赤線協定という。

娘「みんな納得したの?」

納得するように線を引いたんだよ。そしてグルベンキアンは、赤線協定内の5%の利益を得ることに成功した。この赤線協定によって、中東の利益は欧米がスムーズに独占できるようになり、アラブ各国は独立したけど利益を吸い取られる仕組みができたんだ。

娘「なんでも5%の人なんだ」

これはグルベンキアンの哲学だね。彼は独占は争いを招いて、最終的に損をすると考えていたんだ。

「小さなパイの大きな一切れより、大きなパイの小さな一切れの方が良い」

と言ってる。

娘「どういう意味?」

小さな市場を独占するんじゃなくて、利権を他国の大企業に渡して市場を大きくするんだ。そして大きくなった市場の取り引きに、何でもかんでも「5%ちょうだい」と言っていた。その方が、トラブルもないし大儲けできたんだ。

娘「ふーん。じゃあグルベンキアンさんは、良い人だ」

それは見方によるなぁ。中東の人からすると、いびつな国境を押し付けた張本人だしね。そもそも歴史に良いも悪いもないし、人の行いは見る人によって評価が変わるからね。

娘「なんかよくわからん」

今は分からなくていいんだよ。歴史を知るうちに、だんだん分かってくるよ。


関連記事
子供のための歴史講座01 キューバ危機
子供のための歴史講座02 怪僧ラスプーチン
子供のための歴史講座03 クレオパトラ
子供のための歴史講座04 長いナイフの夜
子供のための歴史講座05 エカチェリーナ2世
子供のための歴史講座06:ミッドウェイ海戦
子供のための歴史講座07:アラビアのロレンス
子供のための歴史講座08:ワーテルローの戦い
子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン

日本の映画はなぜ製作費が低いのか

邦画の製作費の平均額は3.5億円で、「マッドマックス 怒りのデスロード」は3分あたり4億円の製作費が使われている。昨年、映画評論家の町山智浩氏のこんなツイートが話題になりました。邦画の製作費はハリウッドに比べると低いのはもちろん、中国や韓国に比べても低くなっています。なぜこんなに貧乏なのでしょうか?
マッドマックス怒りのデスロード
※マッドマックス 怒りのデスロード

続きを読む

セイコーの挑戦と苦悩の物語05

前回からの続きです。

第二精工舎デザイン室に中途入社した田中淳は、制限の多い機械式時計のデザインには、全く興味がありませんでした。しかし88年にスイスのバーゼルで行われた時計の見本市で、にわかに機械式時計が気になり始めます。スイスの時計業界は、機械式時計で復活の狼煙を上げていたのです。
田中淳
田中淳

続きを読む

J-POPの無頼派 ミドリカワ書房を語る

後輩達と話していて「邦楽だと誰が好きなんですか?」と問われて、何気なく「ミドリカワ書房」と答えたところ、誰もミドリカワ書房を知りませんでした。あまりの知名度の低さに衝撃を覚えたので、J-POPの無頼派を自称するミドリカワ書房について語りたいと思います。
ミドリカワ書房

続きを読む

父性からみる「鋼の錬金術師」

マイナーな雑誌から連載が始まりアニメ化、映画化、ゲーム化などのメディアミックスで大ヒットとなった、マンガ「鋼の錬金術師」を父性という点から見てみたいと思います。母性を描いたマンガは数多くありますが、本作は父性を描いた珍しい作品でもあるからです。
鋼の錬金術師

続きを読む

セイコーの挑戦と苦悩の物語04

前回からの続きです。

会社の迷走が決定的になるのは1987年といわれています。企画に寄りがちな社内において、製造部門の重要性を認めていた2人の役員が相次いで亡くなったのです。第二(当時の社名はセイコー電子工業)と諏訪(当時の社名はセイコーエプソン)の社長を兼任していた服部一郎が5月に、服部セイコーの会長だった服部謙太郎が9月に相次いで亡くなると、謙太郎の弟の服部礼次郎に権力が集中しました。
服部礼次郎
※服部礼次郎

続きを読む

子供のための歴史講座:09アンドリュー・ジャクソン

やあ〜乱世乱世。時は1830年、場所はアメリカ。日本はまだ江戸時代で、大塩平八郎の乱が数年後に起こる頃だ。アメリカでは「バカ」と呼ばれたアンドリュー・ジャクソンが大統領に就任した!
アンドリュー・ジャクソン

続きを読む

プロフィール

井上 毅

Author:井上 毅
はねもね
福岡県出身
東京都在住
以前やっていたブログ「はねもねの独り言」の続編です。

外資系金融機関に勤めながら、あちこちに出没しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。